%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB_edited.jpg

DBA

ドルフィン ボーイ アカデミー

​​元ドルフィントレーナーがドッグトレーニングを真面目に考えるオンラインの学校です

私は過去、訓練の中でイルカに体罰を行っていました。そしてそれは必要なことだと本気で信じていました。その後、私は罰を用いた訓練を止め、2001年より海外で【報酬ベース】の訓練を開始。それぞれの訓練のメリットとデメリットを繰り返し分析した結果、私はあっさりと体罰を止めました。これが現在の私の【答え】であり、多くの【科学的根拠】と【自らの経験】に裏打ちされています。そしてこの結論が今後、覆ることは決してありません。現在は(動物の体の大きさに関係なく)体罰を行うことはありません。なぜならそれよりもっと「動物に優しく」「安全で」「効果の高い」何より「あなたが動物をもっと好きになる」アプローチ【R+/正の強化】があるからです。

犬のしつけに困るとまずはネットで調べます。ネット上には沢山のしつけ教室やドッグトレーナーが存在します。そしてその中には【フードを使用する/しない】【罰を使用する/しない】など一見すると真逆のしつけ方が存在します。これは何故でしょうか?混乱し、悩んで、迷った挙げ句、あなたは過去の私のような【絶対に選んではいけないトレーナー】を選択するかもしれません。ここは一度【犬のしつけの世界】を離れて【イルカのトレーニングの世界】に目を向けてみませんか?

水族館やイルカのふれあい施設を訪れるお客様からよく聞こえてくる声で、最も多いのが「イルカは賢い」です。「それに比べてうちのワンコは…」という件が続く方もいます。何故、水族館のイルカとご家庭のワンコでこのようにパフォーマンスに差が生まれるのでしょうか?

体重300kgの大動物であるイルカに首輪やリードはつけられません。また抱きかかえたり、抑えつける等の【力】による物理的制御ができません。​つまりイルカに【力】で教えることはできません。ドルフィントレーナーは【力】の選択肢を最初から手放すことで重要な現象に気づき、それを更に発展させました。それが【R+/正の強化】です。

 

イルカ達に合図を送り、イルカ達が望ましい行動を見せてくれれば、ホイッスルを吹き、最後に魚を与える。タイミング良く報酬を与えることで行動を強化する(増加させる)この【R+/正の強化】は水族館のイルカショーやイルカとのふれあい施設の中で何度も再現されます。この【R+/正の強化】を意識して使いこなすことが、大動物・小動物を問わず、【力】を用いずに、安全に動物を飼育するためのポイントなのです。

 

【フードを使用する/しない】で意見が分かれる【犬のしつけの世界】では考えられないかも知れませんが、地球上の全てのドルフィントレーナーが行動に対する報酬として「ホイッスル」と「餌」を使用します。体罰を行っていた当時の私でさえこの2つのツールは必ず使用していました。これは何故でしょうか?どうして今なお使用され続けているのでしょうか?それは【R+/正の強化】が動物に【優しく、安全に、極めて機能する】からです。

イルカの飼育の歴史は約70年。一方で犬の飼育の歴史は紀元前にまでさかのぼります。【イルカのトレーニングの世界】では極めて短期間に固定された【R+/正の強化】が【犬のしつけの世界】では長期に渡って未だに固定されずにいる理由。それは単に犬が人間の【力】で制御できる動物であるからです。【力】で制御できれば【力】に頼るハンドラーが必ず一定数現れます。そしてその【力】による制御こそが動物の問題行動を生み出し、悪化させる大きな要因となります。

もしあなたがイルカの訓練の原理を知れば、【力】でなんとでもなる体重3kgのトイプードルでさえ【力】に頼らずに教えるようになるでしょう。あなたが小柄な女性で【力】が無いというだけの理由で体重30kgのゴールデン・レトリーバーの飼育を諦めていたのであれば、今後は【力】を使わずとも自信を持って接することができるようになります。そして動物が最も嫌がる【力】による制御を止めると動物はあなたのことを今よりもっと好きになります

 

DBAでは体罰や嫌悪刺激を用いません。代わりに【R+/正の強化】のアプローチで安全かつ人道的な方法を選択します。それは犬と飼い主、双方にとって非常に【楽しくて、創造的な】アプローチです。ぜひDBAの門を叩いてください。新しい【行動】に対する捉え方を身につけ、あなたとあなたのワンコの世界が変わることをこのドルフィンボーイがお約束します。

Dog and Dolphin
​The Differences
犬は物理的制御(Physical Control)ができる
だから人は【力】に頼る【しつけ】を繰り返す

​Dolphin Boy Academy は…

プロの方及び一般飼い主の方対象のオンライン講座と一般飼い主の方対象の出張トレーニングご提供しています。

~プロの方~

ドッグトレーナー/獣医師/動物看護師/トリマー

  こんなお悩みはありませんか?​​

  • 飼い主から問題行動の改善のアドバイスを求められるが、自分のアドバイスでは効果が出ない

  • 問題行動の原因がわからないため、飼い主に責任転嫁してしまうことがある

  • 「問題行動は犬種と性格が大きく関与するので…」と暗にあきらめるように促すアドバイスをすることが多い

  • 問題行動には叩く、怒鳴る等の罰しか思い浮かばないので、飼い主に罰以外のアドバイスをすることができない

  • ​飼い主にアドバイスはするが、自宅で飼っている自分の犬は問題行動だらけで正直、自己嫌悪になる時がある

  • ​自分はドッグトレーナーだが、イルカのトレーニングにも興味がある。でもそれを学べる機会が無い

庭 ノーフォークテリア.jpg
rottweiler-1785760_1920.jpg
friends-3042751_1920.jpg

 DBAオンラインセミナー

BASIC

イルカのトレーニングの背景にある心理学と行動の原理はアニマルトレーニングの世界基準に沿っており、多くの動物の学習や行動に応用できる汎用性の高いものです。実際に犬を扱うプロの方には必須の知識であるといえます。行動の原理や学習理論について「わかっているようでわかっていない」そんな方に最適なコースです。

 

形式:オンライン

内容:全8回のセミナー

時間:1回60分 計480分

​参加人数:最大3名

到達目標:【知る】【わかる】

DBAオンラインワークショップ

​ADVANCED

BASICで学んだ「知識」を「実践」に落とし込む【実践+フィードバック】のワークショップです。行動の「形成」「介入」を生徒さん自らが愛犬に対して行います。LIVE配信や撮影済みの動画でBEFORE/AFTERを作成し、愛犬の成長を感じながら情報共有と確実なスキルアップを図ります。またこのプログラムの中でクリッカートレーニングを学び、強化の「タイミング」の重要性を体感してもらいます。

 

形式:オンライン

内容:全8回のワークショップ

時間:1回60分 計480分

​参加人数:最大1名

到達目標:行動形成/介入【できる】

​​DBAオンラインワークショップ

​PROFESSIONAL

ADVANCEDを修了した方のみが受講可能な【実践+フィードバック+ディスカッション】のワークショップです。このコースでは一般飼い主に【伝える】技術、そして異業種のプロ同士で【伝えあう】技術を上げることを到達目標に設定します。自らのクライアントへのアプローチは適切か?等、アニマルウェルフェアの観点も取り入れながら、受講生の守備範囲を拡げるお手伝いをします。

 

形式:オンライン

内容:全8回のワークショップ

時間:1回60分 計480分

​参加人数:最大1名

到達目標:行動の原理を【伝える】

​​~一般飼い主の方~

 こんなお悩みはありませんか?

  • ​インターホンに吠える

  • トイレを覚えてくれない

  • ​リードを引っ張るから散歩が疲れる

  • ​噛み癖がひどく犬の身体に触れない

  • 体罰はダメとわかっている。でもつい叩いたり、大声で怒鳴ってしまう

  • ​​プロの方に問題行動の相談をしたが、行動が改善されず犬を手放すことを考えている

ブルドッグ.jpg

DBAカウンセリング

(対象:一般飼い主の方)

[ご自宅訪問 or オンライン]

ワンちゃんの問題行動でお悩みの方はまずこのDBAカウンセリングをお受けください。カウンセリングはご自宅訪問もしくはオンラインのいずれかで実施します。カウンセリング後に問題行動を直接観察した上で

①原因を推察

②行動の解説

③具体的な対応策

を飼い主様にお伝えします。

 DBA出張トレーニング

 (対象:一般飼い主の方)

 [ご自宅 or 問題行動が起こる場所]​

DBAカウンセリングを終了された方のみ出張トレーニングを実施します。問題行動は多くの場合、長い時間をかけて学習されるので行動の改善にもある程度の時間が必要です。トレーニングは8回をワンセットとし、8回終了後に進捗状況を評価。その後、飼い主様に「継続する/しない」のご判断をして頂きます。

 

DBAでは体罰はもちろん、それに類するアプローチは一切使用しませんのでご安心ください。

%E7%99%BD%E3%81%84%E3%83%97%E3%83%BC%E3%
ソファ.jpg

​DBAクリッカー&ハズバンダリー

トレーニング

(対象:一般飼い主の方)

[ご自宅 or 好きな場所]​

​水族館のイルカやアシカ、セイウチやトドなどの大動物は健康管理(採血や体重測定など)のために日々、協力的行動を訓練されています。これらの訓練には全てホイッスルと餌が使用されスモールステップで行われます。ワンちゃんにも同様のトレーニングが可能です。爪切りやブラッシング、ハーネス・首輪の脱着、ケージへの出入り、車の乗り降りの際に喜んで、自発的に協力してくれるワンちゃんになってくれると嬉しいですね。【力】に頼らないイルカの訓練の原理を応用した【実践】は全てこのコースに詰まっています。

Small Terrier

DBAがオンライン環境(Zoom)を使用する理由

講義を実施する会場費

受付や案内などの人件費

駐車場料金や交通費

​多くのセミナーやワークショップには講師側、受講者側の両方に上記の隠れコストが潜んでいます。そしてそのコストは受講者が支払う受講料に上乗せされます。そのため勉強熱心な人ほど長期的に高いコストを払い続け、いわゆる「セミナー貧乏」になるという悪循環が生まれます。DBAでは上記の隠れコストをカットすることで可能な限り低価格のサービスを目指します。また通常のセミナーなら遠方の会場まで出かける際、ワンコをお留守番させなくてはなりませんがDBAオンラインセミナーなら【お家の中】で【ワンコはあなたの側にいたまま】で受講が可能です。

​Zoomとは

Zoomとはパソコンやスマートフォンを使ってセミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリです。

​ドルフィンボーイアカデミーではこのアプリを使用して全てのオンライン講座を実施します。

難しい設定などは全てホスト側(ドルフィンボーイ)で行い、参加者(生徒)は送られてくる招待リンクに各種デバイス(パソコン、iPad、スマートフォン等)でアクセスするだけですのでとても簡単です。

パソコンで参加する場合は①ウェブカメラ②マイク③スピーカーが必要になります。

iPadやスマートフォンで参加する場合は特に必要なものはなく事前にZoomのアプリをダウンロードしておけばOKです。

ダウンロード.png

受講者の声

~愛犬の為の移動サロンカー~

​ドッグ ヒーリング ドゥ

堂前 勇樹 さん

自分の世界が変わりました。ペットショップで長年働いてきて、そこで色々な犬の世界を観て、プロとして飼い主様に伝えてきたつもりでした。色々勉強して、知識、知恵をつけてきました。しかし、ここまで過程が納得した物はありません。行動の原理は学んで実践する度に感動が増え、自信もつきました。曖昧な自信でなく、絶対的な自信です。そして、楽しい。学ぶ方も教える方も楽しい。小さなことも見つける事ができ、それを何百倍もの可能性にできます。これぞプロフェッショナルです。【学び手は常に正しい】大好きな言葉です。一生の宝になる学問です。そしてドルフィンボーイさんはとてもわかりやすく教えてくれます。どんな質問にもきちんと理由を添えて丁寧に、そして一緒に考えてくれます。成功した時には此方以上に一緒に喜んでくれます。とても楽しく、素晴らしい、何回でも受けたくなるアカデミーです。

man 5
man 5

~愛犬の為の移動サロンカー~

​ドッグ ヒーリング ドゥ

堂前 岬 さん

自分の世界が変わりました。ペットショップで長年働いてきて、そこで色々な犬の世界を観て、プロとして飼い主様に伝えてきたつもりでした。色々勉強して、知識、知恵をつけてきました。しかし、ここまで過程が納得した物はありません。行動の原理は学んで実践する度に感動が増え、自信もつきました。曖昧な自信でなく、絶対的な自信です。そして、楽しい。学ぶ方も教える方も楽しい。小さなことも見つける事ができ、それを何百倍もの可能性にできます。これぞプロフェッショナルです。【学び手は常に正しい】大好きな言葉です。一生の宝になる学問です。そしてドルフィンボーイさんはとてもわかりやすく教えてくれます。どんな質問にもきちんと理由を添えて丁寧に、そして一緒に考えてくれます。成功した時には此方以上に一緒に喜んでくれます。とても楽しく、素晴らしい、何回でも受けたくなるアカデミーです。

​トリマー兼トレーナー

​ドッグ ヒーリング ドゥ

堂前 勇樹 さん

自分の世界が変わりました。ペットショップで長年働いてきて、そこで色々な犬の世界を観て、プロとして飼い主様に伝えてきたつもりでした。色々勉強して、知識、知恵をつけてきました。しかし、ここまで過程が納得した物はありません。行動の原理は学んで実践する度に感動が増え、自信もつきました。曖昧な自信でなく、絶対的な自信です。そして、楽しい。学ぶ方も教える方も楽しい。小さくて大切な事も見つける事ができ、それを何百倍もの可能性にできます。これぞプロフェッショナルです。【学び手は常に正しい】大好きな言葉です。一生の宝になる学問です。そしてドルフィンボーイさんはとてもわかりやすく教えてくれます。どんな質問にもきちんと理由を添えて丁寧に、そして一緒に考えてくれます。成功した時には私以上に一緒に喜んでくれます。とても楽しく、素晴らしい、何回でも受けたくなるアカデミーです。

トリマー兼トレーナー

​ドッグ ヒーリング ドゥ

堂前 岬 さん

自分はトレーナーになりたかったのですがドッグトレーニングの学校に通ったり、ネットで調べたりして得た情報を、実際に飼っているわんちゃんに試していました。褒めるトレーニング、叱るトレーニング、ボディランゲージを勉強するなど、たくさん試しましたが、一向に問題行動は治っていきませんでした。そんな時に出会ったのがドルフィンボーイアカデミーです。行動の原理をいちから学び、足りなかったパズルのピースがはまっていくように感じました。そこからは飼っている犬の行動も変わり始めました。何よりもわんちゃんを叩いたり、怒鳴ったりしなくても行動を変えていけると確信が持てたことが何よりの財産になりました。自信を持ってワンちゃんと関わるプロとして活動をすることができたのはこのアカデミーのおかげです。

​ドッグトレーナー

wan on one​

代表 佐藤 大輝 さん

ドルフィンボーイさんは海外でドルフィントレーナーをされていただけでなく、動物の専門学校で講師業もされていたため、実践的な目線とわかりやすい説明が多く、困っていたことも明確に解決に導いてくれます。

 

動物へのアプローチも「してほしいことを繰り返す」トレーニングスタイルなので女性や子供でもできるのが嬉しいですよね!

 

家族ぐるみで愛犬と幸せになれました☆

一般飼い主

 斎藤 瑞絵さん

​犬を飼ったことのない私たちが犬と暮らし始めると困ったことだらけで、悪戯されては怒ったり大声を出したりしていました。怒ったり大声を出せば悪戯が減るのかといえば悲しい顔をさせたり、逆に興奮させてしまうだけで悪戯は改善されませんでした。そんな時にドルフィンボーイさんに出会い「行動の原理」を学ぶことで、犬に教えているようで実は人が犬から多くのことを学んでいることに気づき、困ったことだらけだった犬との暮らしがとても豊かなものになりました。【Every Animal is the Smartest】を教えてくださったドルフィンボーイさんには感謝しかありませんし、これからも学び続けたいです!

Dolphin Boy​

1989年

神戸市立須磨海浜水族園でイルカショーを観て感動「絶対にドルフィントレーナーになる!」と誓う

1996年3月

獣医を目指すも叶わず。しかし大学卒業後もドルフィントレーナーになる夢が捨てられず動物業界の仕事を片っ端から経験

1996年11月 念願のドルフィントレーナーになる

1999年12月

体罰を用いていた施設を退職し、行動分析学を独学で学ぶ。

2000年4月 大阪の専門学校で常勤教員

2001年2月 海外でドルフィントレーナーに復帰

2002年11月

フロリダのオーランドで開催されたIMATA(国際海洋動物トレーナー協会)の国際会議に人生初参加。予想はしていたが世界のトレーニング技術の高さに衝撃を受ける。

imata_fs_main.jpg

2003年11月

カリフォルニアのロングビーチで開催されたIMATAに参加

2004年10月

スウェーデンのコルマーデンで開催されたIMATAに参加。まさかのサプライズで会場の参加者から誕生日を祝ってもらう。

2005年2月

下関の海響館で開催された第1回海獣類トレーニングセミナーでゲストプレゼンターとしてイルカの問題行動(Leaf Eating)をDRI(対立行動分化強化)で介入するプレゼンを発表

2005年11月

フロリダのダックキーで開催された第33回IMATA国際会議で上記と同内容を英語で発表

2006年7月 持病の悪化でやむなく退社

2007年2月 新潟の専門学校で常勤教員をしながら「伝える」技術を磨く

2019年4月 持病は完治

2020年4月 Dolphin Boy Academy  設立

​プロフィール

​資格及び参加セミナー

IMATA ANIMAL TRAINING SEMINAR INTRODUCTION & ADVANCED

日本愛玩動物協会認定 愛玩動物飼養管理士 1級 第125570059号

DELTA SOCIETY's Visiting Scholars Program

川越市第一種動物取扱業(訓練)

​事業所名称 Dolphin Boy Academy

​事業所所在地 〒350-1145 埼玉県川越市清水町17-22

​登録番号 第0305号

​登録年月日 令和2年4月6日

​有効年月日 令和7年4月5日

動物取扱責任者 藤井 勝

お問い合わせ

〒350-1145 埼玉県川越市清水町17-22

LINE@からもご予約・お問い合わせができます

QR.jpg
icon_line.png

Dolphin Boy Academy

LINE ID : @802kilek

​LINEのお友達追加からQRを読み込んで

いただくかID検索をお願いします

line_f_btn.png

送信が完了しました。

ドルフィンボーイのパートナーはワンコのことを第一に考える優しいトリマーです

head_logo_edited.jpg

​トリミングサロン

049-244-6677